マルイリロゴ

2003年マルめる2004年マルめる2005年マルめる2006年マルめ2007年マルめる2008年マルめ2009年マルめる2010年マルめる2011年マルめる2012年マルめる

配信登録をする(トップページからも登録できます)
トップページへ戻る

新しい順に並んでいます。

ジャンプはこちらから→それ以前 22号 23号 24号 25号 26号28号

ケイ線
☆★ "マルめる" 第27号 2006年6月16日もくじ

1)さかな通信『まぐろの大漁を狙うシャチ☆』
2)蛍の鑑賞会
3)第二加工部S部長のマルイリ果樹園
4)心を込めて 夏のご挨拶を…

ケイ線
☆★蛍の鑑賞会
ケイ線
♪ほっほっ ほたるこい あっちの水は苦いぞこっちの水は甘いぞぉ♪

6月になったある日、 管理部のTさんから「会社の近くで蛍を見る事ができるんだよ」という話を聞き、連れていってもらうことにしました。

そこは、焼津市の高崎という場所で、会社から車で5分くらいの場所でした。

19時過ぎに到着したのですが、まだ日が暮れていなかったので、しばらくそこで蛍が出てくるのを「はやく出て来〜い」と言って待っていたら、孫を連れたおじいちゃんや親子連れも来ました。

30分くらい経ち、辺りも暗くなり始めた時、ほのかな薄緑色した光が光ったような・・?「今、光らなかった?」「え〜どこ?どこ?」そんな会話をしていると、蛍がちらほらと姿を現し出しました。「そこにいると思ったらふっと消えて、またすぐに現れて・・・」そのうちに私たちの目の前を光の線を描きながら飛んで行き、とても幻想的な時間が流れました。

蛍の里←この場所に蛍が飛んでいました。
欲を言えば、たくさん蛍が舞っている所を期待していたのですが、3、4匹くらいしか見ることができなかったのがとても残念でした。

この場所は「自然を取り戻そうと地元の『蛍の里親の会』の方が有志で集まり、蛍に卵を産ませ、ふ化したものをこの場所に放したことから蛍が見られるようになった」とのこと。
蛍を見たことがない子供達の為にも、もっときれいな川を取り戻し、たくさんの蛍が飛び交う場所になってくれればいいなと思いました。
皆さんの住んでいる街では、蛍をたくさん見る事ができますか?

ちなみに、私の住んでいる大井川町にも蛍はいるんです!!今から2年くらい前、家の庭で蛍を見たことがあるんです。でも、その話をすると皆、笑って誰も信じてくれません。本当なのにぃ〜(;_;)

ケイ線
☆★第二加工部S部長のマルイリ果樹園
ケイ線
第二加工場の空き地を利用して果樹園を作ってしまった、第二加工部のS部長に果樹園栽培について、いろいろ質問してみました。 

Q1.どうして果樹栽培を始めようと思ったんですか?(やり始めて何年ですか?)
『まる2年たち、今年の3月から3年目に入っています。緑地帯に雑草が伸び放題で、むかし梅畑だった事を聞き何か植えたいなぁーと思い、土を耕し野菜(トマト、枝豆、なす)等を植えたのが始まりです。野菜が育つよりも雑草が伸びるスピードの方が早く、あっという間に雑草だらけ!!野菜も害虫にやられ断念。果樹園にしようと思いました。』

Q2.栽培している果樹の種類は?
『ぶどう(ネオマスカット、巨峰)、キウイフルーツ、ブルーベリー、プルーン、昨年 からスイカも始めました。』

Q3.水やりはどのくらいの頻度でやりますか?

『粘土質の為、水持ちがかなり良いです。水をやりすぎると根が腐ってしまうので あまりやりません。真夏の朝、少し早く会社に来てやる程度。葉が少し垂れ下がって来た時にやる位です。』

Q4.ここ最近の収穫は?

『昨年は、まだ木が若く2年目だったので、キウイ10個。ブルーベリー100個。スイカが3個くらい。ぶどう、プルーンは花が咲かなかったのですが、今年は巨峰が大成功。かなり実り始めています。摘果(てきか)をしても20〜30房は収穫できそうです。』*実が小さいうちに、ある程度摘果しないと果実がなりすぎて、良質のものを得ることができないんだそうです。

Q5.苦労した点
『土が粘土質の為、土を入れかえ雑草との戦いです。実った物がカラスにつつかれ食べれなくなってしまう事。』・・・カラスよけ、CD、つり糸など色々対策を打ったのですが、効果がありませんでした。『今年は思いきってカラスよけネットを張ったので、これで万全!』

Q6.一番はじめに植えたのは何ですか?どんなものが実りましたか?

『野菜園だった頃は、枝豆、なす、トマト、コスモス、ひまわり。果樹園にしてからは、果物はキウイフルーツ、巨峰、ブルーベリー。』・・・ブルーベリーとキウイフルーツは、その年から少しづつですが実りました。『今年のキウイフルーツは昨年、摘果と剪定(せんてい)いを失敗した為、4つしか実がなりませんでした(;_;)ゞ』

Q7.どうやって勉強しているのですか?(誰か師匠がいるのですか?)
『専門書を教科書にする事が多いです。わからない点は専門に作っている農家の人に聞いたり、農園に見に行って観察したりもします。スイカは社内に師匠が居るので教えてもらっています。』
昨年は、実った果物がカラスにつつかれてダメになってしまい、かなり落ち込んだので、今年は出張に行った先でも、果樹園を観察してきたというS部長。対策万全の今年はたくさんの果物が実ると良いですね(^_^)カラス退治の良い方法を知っているという方!ぜひ情報を下さ〜い。
休日、会社の近くをたまたま通った時、果樹園にいるS部長をみかけました。果樹園にかける情熱はすごい!!と感心してしまいました。 
スイカ キウイフルーツ
今、こんな感じて果物が実っています。左の写真がスイカで、右の写真がキウイフルーツです。
巨峰
今、巨峰がぐんぐん成長中!!
↑一番上に戻る

ケイ線
☆★ "マルめる" 第26号 2006年5月19日 もくじ

1)さかな通信『病気に効く魚2』
2)ベルマーク&プルタブ収集   
3)春の恒例イベントみなとマラソン
4)始まるよ!お中元

ケイ線
☆★ベルマーク&プルタブ収集
ケイ線
当社では、4月決算で、5月より新しい期がスタートしました。
コラボレーションと聞くと皆さんはどのような事を思い浮かべますか?辞書で調べると「合作、共同製作、また協力」と出てきます。
私たちは、マルイリという会社に縁があり、勤めている仲間で何か一つでも社会の為に役立つことが出来ないかな?
みんなの力を一つにして、「ひとつ良いことをしよう!」という思いから、ベルマーク&プルタブ収集を始めました。
ちなみに・・・ベルマークは1点が1円。学校で使う備品、運動マットの値段が¥79,100なので、運動マットを目標に収集したいなと思いました。プルタブはアルミ缶1缶=プルタブ44個分。車椅子1台には、約1600万個のプルタブが必要なんです!! 

以前、会社でも1つの目標に向かって何かみんなでやることが出来たらいいななんて話したことがありましたが、この話を聞いた時『これだぁ』って思いました。

さて、1年後どのくらい集める事ができるのか結果が楽しみです♪今、こんな感じで集まっています。
ベルマークプルタブ左の写真がベルマーク、右の写真がプルタブです。

ケイ線
☆★春の恒例イベントみなとマラソン
ケイ線
先月の4月9日(日)に開催された”みなとマラソン”に参加した社長。
みなとマラソン
このイベントには5年前から参加していて、過去には5kmと10kmに2回づつ出場。1〜2ヶ月前からゆっくり、少しずつ(約3km)を週に2回〜3回くらいのペースで走り、今年も10kmのコースに挑戦したそうです。

そこで、運動は苦手だしマラソンなんて苦しい、辛いだけと思っている私にとって、どうして走るのか?…謎だらけだったので、出場した時の感想などたくさん社長に質問してみました。

Q1.みなとマラソンに参加しようと思った動機(きっかけ)は?
『焼津の春の恒例イベントで地元だし、友達も参加していたから。』との答えに!!私はそんな簡単に走ることを決意し、出場してしまう社長にすごく驚きました。…運動が好きじゃないとできないですよね(^_^) 

Q2.小さい頃から運動が得意だったんですか?学生時代どんな部活に入っていましたか?
『そうですね。小さい頃から運動が好きで、負けず嫌いでもあった為、走るのも速い方でした。小学生の時、マラソン大会では、だいたいひとケタ位の順位で走っていました。中学生の時は野球部で、確か1500mを4分50秒くらいで走ったことも。高校の時は、1年間陸上部に入部していたこともありました。』『特別速かったわけではありませんよ。』

Q3.何を考えながら走っているんですか?苦しいですか?
『走っている時、苦しいといえば苦しいですが、少しお腹の肉がおちないかな〜?とか自分に負けないぞ〜とかそんなことを考えながら走っています。』

☆そんな社長に、これからマラソンを始めてみようかなと思っている人への アドバイス!?を一言。
『別にマラソンではなくても、運動はした方がいいと思います。私もマラソンはこの時だけですし、終わって美味しいビールを飲むのが楽しみで走っているだけです。マラソンよりも私は自転車の方が好きですし、おすすめしたいです。やはりデスクワークの仕事の人は、運動不足になりがちになるので、何か運動することをおすすめします。』いろいろ質問している中で、社長は「出ることに意義があるんだよ!」とおっしゃっていました。私は、やり始めても意志が弱く、三日坊主が多いので、友人を誘い、楽しみながらそして、無理しない程度で出来る運動を見つけ、続けていけたらと思いました。
↑一番上に戻る

ケイ線
☆★ "マルめる" 第25号 2006年4月21日 もくじ

1)さかな通信『病気に効く魚』
2)焼津の春の恒例イベント『第52回焼津みなとまつり』   
3)まぼろしの花 『きすみれ』
4)春企画『家族団らん♪応援作戦決行中』

ケイ線
☆★焼津の春の恒例イベント『第52回焼津みなとまつり』
ケイ線
今回は、焼津みなとまつりに行くという当社の管理部Mさんに取材をお願いしました。
◎管理部Mさんより−−−−
4月9日(日)焼津の春の恒例イベント「第52回焼津みなとまつり」に行ってきました。昨日からの嵐のような天気とはうって変わった晴天で会場には沢山の人が詰め掛けていました。
新鮮な海産物、水産加工品の即売をはじめ、ステージでは鮪の解体ショーやWAHAHA本舗のライブや八丁櫓の体験乗船などなど、焼津らしい1日を楽しめるお祭りです。

今年は、社長がみなとまつりと同時開催される”みなとマラソン”の10kmに参加するとあって、9:40のスタートに合わせ出発&ゴール地点である新焼津港に到着。
このみなとマラソンは、10kmコースの参加者だけでも1620人!焦って探しているうちに、スタートの合図がなり、ランナーがみるみる内に通り過ぎていきました…仕方なく、沿道で探す事に、注意深く探していたら、”いたっ!社長だっ!”所かまわず「しゃちょ〜!!」と叫んでしまいました…社長もそんな私に気づき、走りながらも笑顔で手を振りかえしてくれました!”はっ、そうだ叫んでいる場合ではない。社長の勇姿をカメラにおさめねば…”思いなおした私は、愛車のミニチャリで追走!想像以上に、ランナーの皆さんはスピードが速く1620人の中から結局、社長を見つける事はできませんでした…ごめんなさい

気を取り直して、みなとまつり会場の旧焼津港に向かいました。市場内に所狭しと並ぶブースには、削りたての鰹節や鰹のへそ入りおでん・鉄火丼などなど、焼津の味を楽しむ事ができます。私のお奨めは、以前レシピでも紹介した「かつお飯」です。かつおと、生姜・たけのこなどと一緒に醤油味で炊き込み三つ葉などをかけていただいたら、もう最高!
やっぱりかつお飯のブースには長蛇の列ができていましたよ。もちろん、わが社も参加している鮮魚組合のブースでは新鮮な鮪を使った鉄火丼も飛ぶように売れていましたよ。

その後、会場内をウロウロとしていると「まんぼう」が展示されていました。恐らく別の漁の網などに引っかかって採れたまんぼうだと思います。水族館ではよく見かける魚ですが、こんなに目の前で手に触れるチャンスはない!
と思いドキドキしながら触るとイメージは「紙やすり」のような肌でゴツゴツ硬い感じ。
顔と触感にギャップが…不思議な生き物ですねぇ。ちなみに私はまんぼうを食した事がありますが、白い身で「イカ」を想像しました。

まんぼう焼津みなとまつり
その他、最近巷で噂のビートルズの曲にのせて日舞を踊る”ビートルズで日舞”や焼津の踊り”みなと群舞”、解体した鮪の即売・八丁櫓の体験乗船など、焼津の”食”に”文化”に”産業”など幅広い角度から『港町焼津』を堪能できるイベントだったと思います。−−−−◎ 

このイベントに行けなかった私ですが、何だかMさんが書いてくれた記事を読んでいると、この日の光景が目に浮かんできます。焼津の魅力をた〜くさん知ることが出来ますよね!
社長を追い掛けているところなんてMさんらしい…(^_^)

第二加工部の部長(清水)によると、会場内に展示されていた「まんぼう」は、焼津和田浜に仕掛けてある定置網に引っかかったんじゃないかなと言っていました。皆さん、知ってました?まんぼうの肝臓って薬になるそうです。
肝臓を煮て出た油(マンザイ油)が、傷や火傷によく効くそうですが、においはか・な・り臭いそうです(*_*)

ケイ線
☆★まぼろしの花 『きすみれ』
ケイ線
今回は当社管理部のTさんに、焼津の北部の山に天然記念物の”きすみれ”が生息しているという話を聞き、一緒にまぼろしの花”きすみれ”を見に行ってきました。皆さんに、とても貴重で可愛い”すみれ”を紹介したいと思います。
◎管理部Tさんより−−−−
私が幼いころに、このような貴重な”きすみれ”が咲いていたなんて全然知りませんでした。^^;でも、ふとしたことから上司に群生していると聞き、今年、見に行ってみることにしました。
見に行ったのは、3月21日で丁度見ごろを向かえていて斜面に群生していました。その場所は、地元でもあまり知られていない所でその日、偶然にも保存会の方が地元の子供たちを連れて見に来ていた所に遭遇し、「どこから来たのですか?」と尋ねられました。
「地元から」と言いましたら、「今年の12月に草刈りがあるので是非参加していただけませんか?」 ”きすみれ”が生息している場所は雑草の生えている所にあるため、雑草を刈り込んであげないと絶滅してしまうんです。
その為にも、生息している箇所を見つけては雑草を刈り込んで少しでも多くの箇所を増やして守って行きたいとのこと…。
<黄すみれ>
地元を愛する気持ちと絶えてゆくものを何とか途絶えないように守って行き、次の世代に受け継いで行くそんな気持ちに私も共感しました。是非私もそんな人達に少しでも力になれれば良いなと…同じ気持ちを持つ友達を連れて必ずお手伝いに行きたいと思います。

このような光景がみられるのも、きすみれ保存会の方々の存在が有ってのこと。また、来年も綺麗で可憐な”きすみれ”を見に行きたいと思います。ちなみに、自宅の庭にこの”きすみれ”を植えても育たないそうです。土壌や、気候がとても左右されるそうです。とてもデリケートなお花なんですね! −−−−◎

私も、Tさんのおかげで貴重なすみれを見ることができて本当に良かったです。保存会の方の話によると”きすみれ”が見られるのは日本では、九州と富士山とここ焼津の高草山の3箇所だけなんだそうです。
本当に貴重なお花なんです!Tさん、連れていってくれてありがとう!でもひとつ残念なことがありました。
”きすみれ”が誰かの手によって抜き取られていたことです。
”きすみれ”を守るために、地元の人たちがいろいろな活動をしているということ。その努力に報いるためにもマナーを守り、常識ある行動をしてほしいと思いました。
↑一番上に戻る

ケイ線
☆★ "マルめる" 号外より〜春と言えば…お花見〜2006年 04月 10日

日本を代表するお花といえば桜。毎年、この時期になると花を咲かせ私たちの心を和ませてくれます。春といえば、やっぱりお花見。
マルイリの第二加工場沿いに桜の木があり、今年初めて、その桜を見ながら仲間とお花見しよう!という計画が持ち上がり、お花見をすることになったのですが、その日の天気予報は曇りのち雨。外でやれるかな?晴れるといいナとわずかな期待をして迎えた当日。朝からものすごい雨(;_;) 普通なら雨天中止ですが、事務所の2階でお花見??をしました。晴れたらこんな感じ…(写真左)お料理は、当社の外食事業部、藤枝志太食堂にお願いして、オードブルを作って頂きました。揚げ物、サラダ、果物、春を感じさせる菜の花のからし合えもそろい、他にも営業部よりお刺身、第二加工部より切身の提供がありました。おにぎりなどたくさんのお料理が用意され美味しく頂きました。

お花見 お花見 ◎幹事代表より◎
今回のお花見は、残念ながら雨が降ってしまいましたが、たくさんの人が参加してくれて嬉しいです。また、どんな形であれ2回目、3回目と行うことが出来たらいいなと思います。

↑一番上に戻る

ケイ線
☆★ "マルめる" 第24号 2006年3月17日 もくじ

1)さかな通信「タコの卵!?」
2)家族連れで楽しめる春の行楽「いちご狩り」
3)ベンガルワシミミズク 〜ふくろうの”パク”〜
4)家族団らん♪応援作戦決行中 〜ご飯だよ。全員集合〜

ケイ線
☆★さかな通信 「タコの卵!?」 
ケイ線
先日、営業部部長(守屋)に、『珍しい物を見せてあげるからデジカメ持っておいで』と言われ、行ってみるとそこには見たこともない直径15cmくらいの白い物体が…。

『何ですか?コレ』
『タコの卵だよ!』
タコの卵ってこんなに大きいのかとよ〜く見ると小さな粒がたくさん。『大きな膜の中に卵が入ってるんだよ。』と教えてもらいました。
たこの卵
写真では、少しわかりにくいとおもいますが、1つの房にたくさんの(米粒大の白い)卵が入っていて、一匹のタコが持っている卵は全部で2万〜4万個もあるので、その姿をよく「藤の花」に例えられる事があるそうです。

タコといえば、8本足(腕)。危険を感じると墨を吐くユーモラスな生き物だと思っている方も多いと思いますが、
実際のタコは、体全体が筋肉でできているため運動能力に優れ、しかも軟体動物の中で最も知能が高い生物と言われています。

産卵からふ化までは25〜40日かかり、その間、母ダコは何も食べずに卵を守り続けます。卵にゴミがつかないように腕をなでたり、漏斗(ろうと)と呼ばれる気管を使って新鮮な水を送り、卵の成長を促します。 やがて、稚ダコの誕生を見届けた母ダコは安心したように1年という短い一生を終えます。
少しせつないですが、母の愛を感じますよね。

ケイ線
☆★ベンガルワシミミズク 〜ふくろうの”パク”〜
ケイ線
S部長は、第二加工場の空き地を利用して果樹園を作ってしまったり、家ではいろんな動物を飼っていたりと、とてもマメな人です。そんなS部長がふくろうを飼い始めたと聞いた時はびっくりしました。 
私の周りにそんな珍しい動物を飼っている人なんていないし、どうやって飼っているのか、何を食べるのかなど知らないことばかりです。いろいろ教えてもらったので、皆さんにもご紹介します。
今回は、ふくろうの”パク”のお話。

ベンガルワシミミズク ふくろうといっても、130〜160種の種類がいて、生息している地域や大きさによって食べる「エサ」には違いがあるそうです。
”パク”の種類は、ベンガルワシミミズク 体長:50cm〜56cm 体重:1100〜2000g
主にインド半島からヒマラヤ、西ミャンマーに生息していて、森林や渓谷、岩場にいるそうです。羽を広げると1メートルにもなり、30〜50年生きるそうです。野生では、ネズミ・ハ虫類・カエル・エビなどを食べ、オレンジ色の目、茶褐色に黒い斑点が特徴です。”パク”の大好物は冷凍のウズラです。
ベンガルワシミミズク ※写真は、カメラのフラッシュに驚き、戦闘態勢に入っている姿です。…撮影後S部長襲われる(*_*)
ミミズクもふくろうも見分けがつきませんよね。
頭に飾り羽(うかく)があるのがミミズクで、飾り羽が無いのがふくろう。
この飾り羽は、耳のように見えますが、実際の耳とは無関係なんだそうです。

”パク”はよく脱走します。つい最近も3度目の長い家出をし、S部長を困らせていました。
 
毎日のように必至に朝の5時起きで捜索し、今回の家出はあまりにも長かったので、『このまま野生化しちゃうかも!?』と嘆いていました(*_*)”パク”!あまりS部長を心配させないようにね!!
 
ふくろうって幸福を招く鳥とも言われていますよね。”パク”は誰でも、見ることができるので、近所の人が子供や孫をつれて見に来たり、拝んでいる人がいたりとちょっとした動物園になっているみたいです(^_^)
↑一番上に戻る

ケイ線
☆★ "マルめる" 第23号 2006年 2月17日 もくじ

1)釣り日記「第2加工部Sさんスポニチに載る」 
2)駿河湾深層水を使ったお豆腐作り教室
3)知っ得情報Q&A 「お客様からの(・_・)?にお答えします。」
4)春企画…考案中♪

ケイ線
☆★釣り日記 「第2加工部Sさんスポニチに載る」
ケイ線
当社の第2加工部Sさんが、大きな黒鯛を釣って静岡版のスポニチに載ったという話を聞いたので、詳しく教えてもらいました。 釣った場所は、清水港。

ここは、一年中黒鯛釣りを楽しめる事で有名な場所で、夏から秋は中型の数釣り、冬から春は大物(50センチオーバー)との根比べ。また、秋にはキビレの群が港内に入ることもあるそうです。

釣り方はカカリ釣り、エサは大粒アミエビ・沖アミ。清水港のカカリ釣りは、親船(機械船)が和船(ボート)を曳いていき、それぞれのポイントに係留してダンゴで釣る釣り方だそうです。

魚釣り
1/25(水)この日の清水港は、天気:晴れ 水温14度 南西の風。各ポイント共絶好調で、『今年は大きい黒鯛が釣れている!』という情報をGetしたSさんは、朝の6時30分から釣りを楽しんだそうです。サイズ53.5cm、2.4cmの黒鯛を釣り、見事自己記録更新!(^−^)/

皆さんも休暇を利用して行かれてみてはどうですか? 残念ながら、第2加工部Sさんが載っているスポニチを見ることができなかったのですが、 釣船店さんのHPでは、毎日の釣果の様子が見れます。
詳しくは山本釣船店さんまで→http://www.kurodai.com  追伸:Sさん、新聞に載る事なんてめったにないこと、スゴイですね〜。 また釣りに行ったら教えて下さいね!

ケイ線
☆★駿河湾深層水を使ったお豆腐作り教室』
ケイ線
毎月1日・15日に焼津市が発行している「広報やいづ」をチェックしている私たち。 「駿河湾深層水でお豆腐作り教室〜参加者募集〜」という記事を見つけました。私たちは『これは行くしかない!!』と応募し、多数の応募者がいたようですが、 抽選に当たりお豆腐作りに参加することができました。

講師に有限会社大森豆腐店さんをお迎えしてお豆腐作り教室が開催されました。大森豆腐店さんでは、焼津市で取水されている水深687mの駿河湾深層水を利用 して静岡県水産試験場との共同開発によりクリーミー豆腐が作られたと紹介してくれました。

豆腐を作る前に、少しお勉強しました。 お豆腐作りにはかかせない豆乳。 市販の飲料用豆乳とお豆腐ができる豆乳って違うんです。 みなさん知っていましたか?

見た目の色の濃さも違うし味も飲み比べてみたら全然違いました。 市販の飲料用の豆乳は、とても飲みやすくて、ほんのり甘くて美味しい。それに比べお豆腐用の豆乳は、見た目も濃く、ドロッとしていて、少し苦いんです。  

クリーミー豆腐は、すごくやわらかく、プリンのような感触でした。
普通の豆腐に比べ1/5の柔らかさ!!という特性から子供の離乳食やお年寄り等の病院医療食にも利用されているそうです。
駿河湾深層水とうふ駿河湾深層水とうふ豆腐
新焼津漁港の脱塩施設で供給されている駿河純水や濃水など、それぞれの水の特徴を生かした料理を家庭でも楽しんでもらおうと企画された教室。
お豆腐が食べられると軽いノリで参加したお豆腐作り教室でしたが、デザートみたいなお豆腐があるんだ!という事とにがりを使わないで豆腐ってできるんだという事を知り、とても驚きました。
あったかい豆腐なんてなかなか食べることができませんよね。参加して本当に良かったと思いました。
↑一番上に戻る

ケイ線
☆★ "マルめる" 第22号 2006年 1月20日 もくじ

1)新年のご挨拶
2)焼津ならでは…。『魚河岸食堂特集』
3)さかな通信 『キハダまぐろ解体風景』 
4)イベント情報 〜ビートルズで日舞NICHIBU2005〜

ケイ線
☆★焼津ならでは…。 『魚河岸食堂特集』
ケイ線
皆さん!!焼津ならではのメニューが揃っている安くてボリュームもあって、美味しい料理が食べられる焼津の小川漁協にある『魚河岸食堂』をご存知ですか?テレビ放映された事もあるんですヨ。
魚河岸食堂小川魚河岸食堂小川
当日、水揚げされた新鮮な魚介類や、カツオ、マグロなど焼津ならではの魚を使った料理を組合員、一般客に振る舞っています。食堂は、もともと組合員への食事提供など福利厚生が目的で作られましたが、業務改善を図るため、4年前から鮮度感、ボリューム感があるメニューを企画して「一般受けする」食堂に方向転換しました。

市場で働いている人はもちろん、水産関係のお仕事をされている人の間では、珍しくもない。と言われるかもしれませんが・・・。ボリュームもあり、とても美味しいんです。初めて食べた時の感動は忘れられません。もう2年くらい前の事ですが、朝、早起きをして”マルめる”の取材に行った帰りにS部長に連れて行ってもらいました。

何度も行った事があるS部長は、『ご飯少なめに』と朝定食を注文しました。そんな事が出来るとは知らずに普通に注文して、出てきたご飯を見て私たちは、『朝からこんなに全部は食べれないよ〜』と言いながら食べ始めたのです。

まず、言っておきます! 編集係のKさんは、「とっても小さくてかわいらしい小柄な女性」です。当日、私たちはメロンの取材に行き、味見という名目で朝食前にメロンを食べました。おかずも食べ終わり『ご飯だけ残っちゃった〜。どうしよう』と言いながら、もう、ごちそうさまするんだな。と思っていたら、「あっそうだ!卵がけご飯にしたらどうかな?お腹一杯なのに、これだったら美味しくて食べれちゃいそう!!」と呟きながら、私もS部長も食べきることが出来なかったご飯を見事に全部食べきってしまったんです(@_@)しかも、お昼ご飯も普通に食べてました。

その光景を見て、目が点になっている私たちをみて彼女は、『ひと仕事終えた達成感と満足感で食べることが出来た』と必死に弁解していました。

この出来事は私とS部長の間で伝説の出来事となっていて、2年経った今でもS部長は、何か決まりが悪い事があるとすぐ苦しまぎれにこの出来事を持ち出して、反撃しています(笑)

◎編集係Kさんより◎
信じて下さい!!普段、朝は食欲があまりなく、パンを一枚食べるのがやっとなんです。…でも、何故か全部食べきってしまいました。(−−;)ここの”おすすめメニュー”は「まぐろカマ焼き定食」です。

小川漁協まで行くにはちょっと遠いなぁという方は、同組合系列の東名高速道路の日本坂PA上り線にも食堂があります。私たちは、もっぱら会社から近いこの『焼津さかな工房』でランチをします。ここの”お気に入りメニュー”は、「穴子丼」です。焼津さかな工房には、マルイリの商品も売ってます!!ぜひ、皆さんもお近くにお越しの際は、立ち寄って見て下さい。

ケイ線
☆★イベント情報 〜ビートルズで日舞NICHIBU2005〜
ケイ線
『ビートルズで日舞NICHIBU2005』に行って来ました!!ビートルズのメロディに合わせて日本舞踊を踊るイベントが初の試みで開催されました。市内外からたくさんの老若男女(4才から80代まで!!)約500人が参加して各チーム、工夫した浴衣や法被等お揃いの衣装を着て、傘やうちわなどの小道具も使い、独自にアレンジした踊りを披露していました。

初めは、「ビートルズで日舞」という聞きなれない言葉に、すっごくはがゆい気持ちで、どんな感じなのか又、日本舞踊を見た事がなかったので想像すら出来ませんでした。…が意外とすんなり見る事ができ、どんな踊りをするのか。次はどんな曲に合わせて振り付けをするのかと目がクギヅケになり違和感なく楽しめました。

分かります?お正月テレビで見る隠し芸大会で、芸能人の後ろで踊っている団体のような!?
雰囲気を感じ、参加している人達自身がノリノリで、楽しんで踊っていました。

優勝したチームの皆さんの嬉し泣きしている姿を見て、もらい泣きしそうになりました。「大勢で何か一つのことをやる事、やり抜く事って大切な事で、とても素晴らしい事なんだなぁ」と胸が熱くなる思いがしたひとときでした。会社でも1つの目標に向かって何かみんなでやることが出来たらいいなと思いました。

↑一番上に戻る21号を見る→

2003年マルめる2004年マルめる2005年マルめる2006年マルめる2007年マルめる2008年マルめる2009年マルめる2010年マルめる2011年マルめるトップページへ戻る