マルイリブランドロゴ
ロゴ >まぐろの世界 >まぐろに関するQ&A >3-2|よいまぐろの見分け方は?
トップページへ戻る
 天然南まぐろのギフト天然本まぐろのギフト漬魚のギフト
かざりケイ初めてのお客様にかざりケイショッピング情報かざりケイ美味しく食べて頂くためにかざりケイ企業情報かざりケイメルマガかざりケイまぐろの世界を知るかざりケイ焼津情報
ボーダー
3−2 よいまぐろの見分け方は?

Q:プロの方はまぐろの良しあしの判断はどうやって行うのですか。

A:サクと刺身の目利きをお教えします。

プロの目利きの方法はいくつかあります。
代表的な方法が二つご紹介しましょう。
1)尾を落とした切り口の断面で判断する。
年輪のように見える断面の肉質の状態で、鮮度や傷みの有無がわかります。
2)選別包丁をまぐろに刺す。
このひと突きの感触で、脂の乗り、身の締まり具合まで、良し悪しのすべてがわかります。この2つは何年も先輩について何本ものまぐろをチェックし、経験を積んでようやくできるようになるもの。余り一般の方のお役には立ちそうにありません。そこで一般の方のために、サクと刺身の目利き法をお教えしましょう。

☆サクの目利き法

1)角をチェックする。
サクの角がきりっと立ったものは切りたての証拠。
時間が経ち鮮度が落ちたものは、角が丸くなりだらっとしています。

2)白い筋目をチェックする。
●筋目が並行に入っているものが最高。
●筋が斜めに入っているものが良好。
●筋目が半円形のもの・筋目の幅が極端に狭いものは並。

☆刺身の目利き法

1)角をチェックする。
サクの場合と同様、角がきりっと立っているのが鮮度が良い証拠です。

2)色をチェックする。
赤身もトロも、新鮮で肉質の良いものは、身の色に透明感があります。
また良く脂が乗ったものは、透明感のある身の中に白い脂肪の色が入っています。

Q&Aに戻る←前へ

ボーダー

ロゴ
〒421-0205 静岡県焼津市宗高1475-1 TEL 054-664-0550

(C)2007 MARUIRI FOOD SUPPLY, All rights reserved.