マルイリブランドロゴ
ロゴ >まぐろの世界 >まぐろに関するQ&A >2−3.まぐろの保存方法
トップページへ戻る
 天然南まぐろのギフト天然本まぐろのギフト漬魚のギフト
かざりケイ初めてのお客様にかざりケイショッピング情報かざりケイ美味しく食べて頂くためにかざりケイ企業情報かざりケイメルマガかざりケイまぐろの世界を知るかざりケイ焼津情報
ボーダー
2−3 まぐろの保存方法

Q:解凍後は何日くらい冷蔵庫保管ができますか。

A:解凍後は、当日お召し上がりください。

冷凍まぐろは解凍中に短時間で熟成しますが、その後はまぐろの筋肉中に含まれる酵素のために、細胞が融けだします。これを自己消化と言いますが、この段階では旨み成分のイノシン酸が失われ、さらに旨みを伴う水分が出てしまい、美味しく食べられません。せっかくの天然まぐろです。当日美味しいうちに食べ切ってあげてください。
食べ切れなかったら、すぐに「ヅケ」にしておき翌日食べるか、または火を通して食べるかをおすすめします。

Q:解凍したまぐろを、また冷凍して後で食べたいのですが。

A:再凍結はお避けください。

解凍したまぐろを家庭の冷凍庫で再凍結する場合、家庭用冷蔵庫の冷凍庫は「緩慢冷凍」ですので、ゆっくり凍結していくことになります。この際、まぐろの細胞中の水分が氷になって膨張し、細胞壁を破ってしまいます。すると再解凍した時に大量の汁(ドリップ)が流れ出し、それとともにまぐろの旨みが失われてしまうのです。
まぐろが余ったら、すぐに「ヅケ」にして翌日食べるか、または火を通して食べるかをおすすめします。

Q&Aに戻る←前へ次へ→

ボーダー

ロゴ
〒421-0205 静岡県焼津市宗高1475-1 TEL 054-664-0550

(C)2007 MARUIRI FOOD SUPPLY, All rights reserved.